ホワイトニング治療|パッと輝く白さが美人の決め手|歯医者で綺麗な口内作り
歯医者

パッと輝く白さが美人の決め手|歯医者で綺麗な口内作り

ホワイトニング治療

子供

近年、歯科を訪れる人の中でホワイトニング治療をする患者が増えています。武蔵小杉の歯科でも、毎日ようにホワイトニング治療のために足を運ぶ方が多いです。ホワイトニングは加齢や生活習慣などが原因で黄ばんでしまっている歯を白く漂白していく治療になります。海外ではブリーチングとも言われています。ホワイトニングは最近開発された治療方法であり、武蔵小杉の歯科では以前まで違う方法で治療されていました。それは、歯を白くするために歯を削ってしまったり、歯につけ爪のようなものを貼る方法でした。しかし、そういった施術をしても満足いくほど白くはなりませんでした。現在武蔵小杉の歯科のホワイトニングでは、歯の表面に過酸化水素で作られた薬剤を塗って漂白する方法とマウスピースに漂白剤を入れて歯に装着することで歯を漂白していく方法があります。そうすることで歯全体を漂白することが可能になりました。歯を白くするためのホワイトニング剤は、歯に塗って一定温度になると酸素と水に分解されます。この分解する際に酸素と一緒に歯の黄ばんでしまった色素が一緒分解されるのです。またこの過程で生まれる活性酸素の効果により、歯の表面にある黄ばみが薄くなり見えなくなります。ホワイトニングの安全性は研究結果としてあります。ホワイトニング剤はオキシドールと同じ成分で作られています。そのため濃度が約36%以下ならば体内に入ったとしても害がないのです。武蔵小杉の歯科で初めて治療を受ける方は、治療前にホワイトニングの説明を受けます。その際にホワイトニングについて詳しく聞いておきましょう。